マイホームの駐車場のベストな寸法は?車種や事情に合わせて紹介!|大阪・岐阜・愛知のアメリカンガレージはカズケン(KAZUKEN)

072-753-7213営業時間:9:00~17:00(日祝定休)

お問い合わせ

お役立ちコラム

column

マイホームの駐車場のベストな寸法は?車種や事情に合わせて紹介!

マイホームを建築するときには、たとえ現在マイカーを所有していなくても、来客や将来のことを考えると駐車場は必要不可欠な要素です。
ただし、よほどの広い土地でなければ、駐車場スペースのせいで家を小さくしなければいけなくなってしまうこともあります。

そのため、家を建てる前に駐車場のベストな寸法を知っておく必要があります。
ここでは、所有する車の種類やそれぞれの事情に合わせた駐車場のベストな寸法などを紹介します。

マイホームの駐車場のベストな寸法は?車種や事情に合わせて紹介!

車の大きさで駐車場の寸法は変わる

マイホームの駐車場の寸法を決めるときには、現在所有している車、もしくは今後購入する予定の車の大きさを明確にしなくてはいけません。

普通乗用車であれば、1台の車に対して駐車に必要な広さは3m×5.5mが基本となっています。
軽自動車であれば、それより狭いスペースでも良いことになり、基本的には2.5m×4.5mの広さがあれば良いとされています。

駐車場に2台の車を並列で駐車する場合は、普通乗用車2台なら5.5m×5.5mで、乗用車と軽自動車のペアだと5.5m×5.2mが基本サイズとなっています。
敷地に余裕がなければ、幅を50cmまで減らすことも可能ですが、その場合は基本サイズよりもかなり狭く感じてしまいます。

余裕をもたせるなら、普通乗用車1台の場合は3m×6m、2台並列させるなら6m×6mにしましょう。
車の運転で駐車するときが一番難しいと言われているので、運転が苦手な方や初心者は、できるだけ駐車場の寸法に余裕をもたせることおすすめします。

来客が多い場合庭を上手に活用しよう

来客用の駐車場の広さも、基本的には前項で説明した寸法で変わりはありませんが、一般家庭で用意できる来客用の駐車スペースはせいぜい1台分だけというのが現実です。
したがって、来客が多い場合は庭などのスペースを上手に活用しなくてはいけません。

普段は庭としている部分を駐車場にするには、植物などは植えず、舗装や砂利にしておくことがポイントになります。
どうしても植物を植えたい場合は、駐車スペースを避けたり、庭と駐車スペースを切り離したりすることもおすすめです。

駐車場の前のスペースを活用する

わざわざ来客用のスペースを設けられない場合は、自分たちの駐車場の前の部分を活用する方法もあります。
自分たちの車を縦に置いている場合は、お客様の車も縦に置くのは難しい場合がほとんどですが、全面に横付けしてもらうようにすれば、停められるケースが多いです。

公共施設などの駐車スペースを参考にしよう

自宅の駐車場の最適な寸法は、それぞれの運転技術によっても大きく変わってきます。
運転ができても車の知識が乏しいという方の場合、駐車場のサイズなど気にしたことがないかもしれません。
そのため、公共施設やショッピングモールなどの駐車スペースの寸法を参考にするのもおすすめです。

公共施設の場合

市役所などに訪れたときには、駐車スペースを狭く感じる方が多いと思いますが、一般的な公共施設の駐車場は、2.5m間隔で設計されています。
このサイズは自宅の駐車場を設計する際の最低限の間隔なので、窮屈に感じるのは当然と言えるでしょう。

ショッピングモールなどの場合

ショッピングモールなどの駐車場で、先端が半円になって白線が引かれている場合の駐車場の間隔は3mとなっているケースがほとんどです。
公共施設に比べてかなり広く感じるのは50㎝の差があるからで、実体験してみればこの差の大きさが分かるでしょう。

状況に応じた駐車場に必要な寸法とは

家の前の道路の幅や駐車の仕方や土地の形状などによっても、最適な駐車場の寸法は変わってきます。
以下に、状況ごとに駐車に必要な寸法の目安を紹介します。

直角駐車が必要な場合

家の駐車場を道路に面して直角にとる場合は、最も一般的と言われる「車庫入れ式」という方法で、毎回駐車場に車を納めなくてはいけません。
この場合は全面道路の幅が4m以上で、車の幅にプラスして駐車場の左右に合計で90㎝以上の余裕が必要になります。

並列駐車が必要な場合

道路と平行に駐車する方法を「幅寄せ式」と呼びます。
幅寄せ駐車を行うためには、車の長さの倍以上の間口と、車の幅のプラス90㎝以上の奥行きが必要になります。
したがって、道路幅が4m以下で直角駐車ができない場合は、無理をしないで駐車場を道路と平行に設計することをおすすめします。
幅寄せ式のメリットは、前面道路の幅が狭くても良い点です。

まとめ

自宅の駐車場を設計するときには、土地の広さと所有している(もしくはこれから購入する)車の大きさと、前面道路の広さなどがポイントになります。
これらに合わせて最適な寸法を考えなくてはいけません。
特に前面道路幅がどの程度あるかによって、駐車のしやすさが変わります。
新しい住宅地であれば道路幅は6m以上ある場合がほとんどですが、古い住宅地だと4m以下ということもあります。
家を建てる土地が狭い場合は、駐車場の設計にはかなりの注意が必要となりますので、外構工事のプロに相談をしましょう。

お見積もり・お問い合わせはお気軽に
ご相談ください。